村上うららさんの合格秘話 村上うららさんの合格秘話

グラフ グラフ
中2の夏休みに入塾した村上さんは、テストの点数が悪くても「そこまで勉強しなくても高校には行けるだろう」と高校入試に関してあまり深く考えていない状態でした。親の勧めで塾に入ったものの、最初は面倒くさいと思いながら塾に来ていました。

そんな村上さんが変わったきっかけが2つあります。ひとつは個別指導の授業の担当の講師たちが、テストや志望校の話をする時はいつも「村上さんならできるって」「行きたい高校に絶対に合格しよう」と前向きな声をかけ続けたこと。熱心に話す講師たちを見て、村上さんは「毎回こんなにも自分のことを考えてくれている先生たちの気持ちに応えたい」と応援してくれている人のために頑張ろうと決めました。その結果、塾にも前向きに通えるようになっていきました。

もうひとつはGHR(グループホームルーム)への参加でした。村上さん自身最初は、「これって勉強するわけじゃないのに受験に意味あるの?」と思っていました。受験に向けて社会の問題集1冊を期限決めてやり切ってみようと誘われた時に、講師たちからは、「塾に入った頃より頑張っているけれど、本気で合格したいならみんなと一緒の方がもっと頑張れそうじゃない?」と言われ、チームで頑張ることを決意しました。途中メンバーの誰かが「もうしんどい」とマイナスな発言をしていると、「頑張ればできるって」と前向きな声かけをしてみんなを引っ張るようになっていました。自習室には毎日自分の意思で来るようになり、1冊を見事やり切ることができました。

受験直前に自分が志望校合格には成績的に少し厳しかったにも関わらず、「受験は不安だけれど、自分が一番頑張るから全員で一緒に合格を目指そう!」と村上さんが勇気を出してメンバーに想いを伝えると、それに応えるようにみんなの自習室での勉強時間が増えました。村上さん自身受験まで自習室に誰よりも早く来て、一番最後まで必死に勉強していました。その結果、3年生の2学期の期末テストでは入塾時より5科目合計153点も上がり、見事第一志望の武庫荘総合高校に合格することができました。

卒業生の作文 卒業生の作文

日新中学校 卒業 
小田高校(国際探求)合格 
若宮 向日葵さん

harvest

※タップすると拡大できます